PMTCって、何でしょう?最近、よく聞かれる言葉です。

日々、歯の隅々まで磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまいます。こういった部分を徹底的に掃除するのがP.M.T.C.です。

P.M.T.C.とは  → プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングの略。

歯の健康維持は、P.M.T.C.とホームケアを両立することで、成り立ちます。
当医院では、歯の健康維持を目的とした予防プログラムを作り、P.M.T.C.を行っています。
P.M.T.C.とホームケア双方のバランスによって美しく健康な歯を保つことができます。

◆P. M. T. C. でしか清掃できない所

1. 歯と歯の間   歯ブラシが届きにくく、鏡を見ながら磨いても落ちない汚れ。そんな所もしっかりケアします。

2. 歯と歯肉の境目  自分では磨きにくい歯と歯肉の境目を穏やかにケアします。

◆P.M.T.C. の効果

1. 歯肉炎、歯周病の予防 歯肉の腫れが次第に治まり、歯肉が引き締まってきます。

2. きれいな歯を保つ 歯の表面の汚れをとり、研磨をします。さらに、歯の表面へフッ素を塗り、汚れをつきにくくします。

◆P.M.T.C.の手順(歯石を除去した後)

最初に、プラーク(歯垢)を染め出します。
それによって、汚れている部分が良く分かります。
次に、研磨ペーストを歯の間に注入します。

ここから、本格的なクリーニングが始まります。

さまざまな器具(チップ、ブラシ、カップなど)を使用して歯面を丁寧にクリーニングしていきます。
カップ
歯面に押し当てたカップのはしが歯肉溝(歯と歯肉の境目)内に届くようにして研磨します。歯頚部(歯肉に近い部分)に沿わせ、ゆっくり動かします。

ポイント萌出途中
補綴物マージン部(かぶせ物の冠と歯肉との境目)や6歳臼歯(萌出途中)、最後臼歯(一
番奥の歯)などに使用します。

ブラシ
咬合面の裂溝(歯の溝の部分)内の清掃に使用します。
ジェットポリッシャーという器械は研磨剤だけだは取れない部分に使用します。
微粒子を噴射して洗浄しますので、ちょっと塩辛い味がしますが、かなりきれいに汚れやステインが取り除かれます。

最後に洗浄とフッ化物の注入を行います。

歯肉溝内の残留に注意しながらシリンジで研磨剤を洗い流します。
歯面が研磨され、フッ素を取り込みやすい状態にして、フッ化物を歯面に塗布します。
その後、4~5分おいてから、フッ素を取り除きます。

歯を矯正することによりスタイルに自信がなく心を痛めている人も晴れ晴れした気持ちと自信を復することが可能となりますので、精神と肉体の清々しさを我が物にできます。
唾液というものは口内の掃除屋さんとも考えられるほど大事なものですが、それそのものが減れば、口腔内のニオイが出てくるのは必然だと思われます。
これは顎を動かすと同時に耳の近くにある関節にカクカクと異音が起こるもので、症状では特別頻繁に出現しており、特になり始めの時に頻繁に確認される顎関節症の症状です。
本来なら医者の数が多いのできっちりと患者の診察をしてくれそうですが、意外なことにそういうところには流れ作業であるかのごとく患者さんの処置を行う施設があるのです。
在宅での医療において歯科衛生士が必要とされるのは、まず先に患者の口内を清掃して清潔にすることです。口内が汚れていると、菌が増殖している不衛生なカスをそのまま飲み込んでしまうかもしれません。


甘いお菓子をいっぱい食べすぎてしまったり、日々の歯みがきを手を抜いて行うと、歯周病の元となる菌が増え、プラークが増殖してしまい、最後には歯肉炎を起こしてしまうようです。
さし歯の根元の部分が破損してしまったら(歯根破折と呼びます)非常に残念なことにだめです。その、大方の場面では、抜歯の治療を施す事になります。
つい最近では歯のホワイトニングを経験する人が確かに増加していますが、施術するときに用いられる薬剤が原因で歯が凍みるように感じる知覚過敏の病状を起こす事がありえます。
審美歯科治療の処置で通常セラミックを用いるケースには歯冠継続歯の取り替えなどが用途としてありますが、詰物としても普通セラミックを採用することができるようです。
今では医療技術の開発が成長し、なんと針の無い無針注射器のシリジェットや痛みの少ないレーザー治療器を利用する事により、大分痛みを軽くすることのできる「無痛治療」という施術があるのです。


歯のかみ合わせの悪い状態は口の開閉で痛みが生じる顎関節症の主因のひとつではあるとされているものの、他にも要因があるかもしれないという認識が広まるように変わってきたのです。
歯の表面を削って白く見せる作用をする研磨剤の入った歯みがき粉というのは少々マイナスの用途ですが、歯が再び石灰化するのを促進するというのは役立つ力です。
長期間歯を使うと、表層のエナメル質はいつのまにか傷んで脆くなるため、中に存在する象牙質のカラーが徐々に透け始めます。
ある研究結果では、顎の関節に違和感を感じるという自覚症状のまったくない人でも、3割~4割の人が口を開けたり閉じたりするシチュエーションでこういった感じの音が発生するのを分かっていたようです。
あなたもご存知の通り口腔内の唾は酸っぱそうなものや、美味しそうな食べ物を見ただけで分泌されるものですが、じつはむし歯や歯茎の歯周病を防ぐのに活躍するのが唾液です。

流行の歯を白くするホワイトニング施術は、歯の表面のゴミや汚れをよく排除した後に実行するのですが、それには自宅で実施できるホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの施術場所の違う2つのサービスが選べるようになっています。
今時はホワイトニングを行う人が増していますが、その折に利用する薬剤が要因となって、凍みるように感じる知覚過敏という病態を導いてしまう事が考察されます。
まず最初は、歯みがき粉を使わずに念入りに歯磨きする方法を習熟してから、仕上げの時にほんの少しだけ歯みがき粉を塗るようにすると丁寧に磨けるようになるでしょう。
むし歯や歯周病が悪くなってからかかりつけのクリニックに駆けこむ方が、大半を占めるようですが、予防目的でいつもお世話になっているデンタルクリニックに通うのが実のところ理想の姿なのです。
まず口腔内に矯正装置を取り付けて、一定の力を歯に継続的に加え続ける事で人工的に正しい位置に移動し、正常ではない噛みあわせや歯並び等を修正する方法が歯列矯正といわれる処置になります。

歯のクリーニングを受けるのは、歯周病の原因となる菌の活性化を予防する効果的な手法であると、科学で証明されており、ただなんとなく快いというだけではないとされています。
口腔外科というところは、歯槽膿漏やむし歯あるいは義歯の治療に加えて、他にも口の中にできる多種多様な症状に即した診療科でしょう。
甘い食物をいっぱい食べすぎてしまったり、歯を磨くことをなまけると、歯周病の菌が増加してしまい、プラークが繁殖し、その結果として歯肉炎を発症してしまうのです。
歯を綺麗にする事を中心に据えているので、噛みあわせのチェックを軽視してしまっていたような状況が、大変多く聞こえるのが理由です。
審美歯科にあっては、形相だけではなく、不正咬合や歯並びの修築をし、そうする事で歯本来の機能美を蘇らせることを突き詰めていく治療の方法なのです。

口の中が乾燥するドライマウスは、ストレスが主因で見られるようになってしまうという事も少なからずあるため、今後の将来では、忙しく働く男性にも症状が現れる危険性は十分にあるのです。
保持は、美容歯科に関する療治が完遂し希望に沿った施術後ではあっても、おざなりにせずにずっと続けていかなければ元の通りに逆行してしまいます。
歯の表層を削って白くする作用をする研磨剤の入った歯みがき粉は、敷いていえばネガティブなイメージの作用といえますが、歯が再び石灰化するのを促すという事は貴重な力となります。
人の歯牙の表面を覆っている硬いエナメル質の真下の位置より、口腔の酸性の度数がPH(ペーハー)が5.5から5.7より小さい値になると、歯を形成する重要な要素であるカルシウムやリンが溶解してなくなってしまいます。
在宅医療において歯科衛生士が必要とされるのは、まず先に口のなかを掃除してきれいにすることです。患者の口の中が汚れていると、細菌が繁殖した不衛生な歯のカスを飲み込む危険性があります。